大祭・四国八十八カ所お砂ふみ


 聖徳院では、開山落慶の6月を記念し、毎年6月の第一日曜日に大祭を行っております。

  ・先祖供養

  ・水子地蔵供養

  ・四国八十八ヶ所お砂踏み参り

  ・奉賛護摩供法要

を厳修しております。

 

 「四国八十八ヶ所のお砂踏み」に使われているお砂は、聖徳院の信徒様が三年半をかけて四国八十八ヶ所参りを行い、その際、各寺院様の協力を得ながら分けていただいたお砂を、当寺院にご寄進いただいたものです。

 思いを遂げるために四国に幾度も巡礼に通われ、重い砂を持ち帰られた信徒様は、言葉では言い尽くせない大変なご苦労をされたことでしょう。

 四国八十八ヶ所のお砂を踏みながら心を込めてお参りを行うことで、実際に四国を巡拝したのと同じ功徳をいただけるものと言われております。

 聖徳院では、この大切なお砂を年に一度参拝者の皆様に開放し、お参りをしていただいております。

御大師様と一緒に「同行二人」心を込めてお参りします

後日この納め札はお焚きあげしております